国家資格試験ガイド 2級建築施工管理技士

試験日程

2級 建築施工管理技士試験 平成31年度の試験日程

★建築施工管理技士2級は種別共通で学科試験が2回行われます(新制度)

平成31年度2級建築施工管理技士 前期学科試験
受験種別 学科試験
願書販売 平成31年1月18日(金)~
受験申込期間 平成31年2月1日(金)~2月15日(金)
試験日 学科試験:平成31年6月9日(日)
合格発表 学科試験:平成31年7月5日(金)
平成31年度2級建築施工管理技士 後期学科・実地試験
受験種別 後期学科・実地試験
願書販売 平成31年6月21日(金)~
受験申込期間 平成31年7月 5日(金)~7月19日(金)
※前年学科合格者 2/1~2/15
試験日 平成31年11月10日(日)
合格発表 学科試験のみ:2020年1月24日(金)
学科・実地試験:2020年1月31日(金)

受験資格

2級建築施工管理技士の受験資格

2級学科・実地 学歴等 学科試験 実地試験
指定学科 指定学科以外
大学・専門学校「高度専門士」※1 満17歳以上 卒業後1年以上 卒業後1年6ヶ月以上
短期大学・5年制高等専門学校
専門学校「専門士」※1
卒業後2年以上 卒業後3年以上
高等学校・専門学校
(高度専門士・専門士を除く)※2
卒業後3年以上 卒業後4年6ヶ月以上
上記以外 8年以上
※1 「高度専門士」及び「専門士」とは:専門学校専門課程で所定の要件を満たし、文部科学大臣が認めるものを終了した者は高度専門士又は専門士と称することができる
※2 専門学校卒業者のうち、「高度専門士」又は「専門士」の称号を持たない者

2級建築施工管理技士 試験概要

●H30年より学科試験問題は「建築」「躯体」仕上げ」の種別がなくなり、共通問題になりました。
●学科試験は年2回行われます。

学科試験

【試験時間】2時間30分
【解答形式】マークシートによる四肢択一形式
【出題数・解答数】出題数65問、うち40問を選択して解答

分野出題数必要解答数
午前試験 建築学等14問9問
共通3問3問
施工15問12問
施工管理法10問10問
法規8問6問
合計65問40問

実地試験

●H30年より実地試験は共通問題と、新たに「建築」「躯体」「仕上げ」
受験種別ごとの専門知識に関する問題になりました。

●実地試験の申込時に、実務経験(受検資格)に応じて受検種別
(建築、躯体、仕上げ)を選択し受験することになります。

【試験時間】2時間
【解答形式】全問 記述形式
【出題数・解答数】全問必須問題(※H29年までは5問)

出題区分 問題 これまでの出題内容 種別ごとの出題内容(予想)
施工経験記述 問題1 施工計画」「品質管理」「工程計画」の内
1つのテーマが毎年出題されている
受験種別ごとの経験記述
記述式問題 問題2 用語の説明と留意事項 受験種別ごとの用語の説明と留意事項
問題3 ネットワーク・バーチャート工程表 ネットワーク・バーチャート工程表
問題4 施工 受験種別ごとの施工
問題5 関連法規 関連法規
出題総数 5問(全問解答)※H29年までの出題数

合格率の推移 2級建築施工管理技士

2級建築施工管理技士最終合格率 (国土交通省調べ)
2級建築施工 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度 平均
学科合格率 47.9 48.5 51.9 38.7 25.9 42.5
実地合格率 33.5 32.7 38.9 28.9 25.2 31.8
実質合格率=実地合格者数÷(実地受験者数+学科不合格者数) 16.0 15.8 20.1 11.1 12.38 13.5

TOPへ戻る