施工経験記述添削指導

実地試験突破には必要不可欠な準備です

施工経験記述が合否を左右します

実地試験は、経験記述で合否が決まると言っても過言ではありません。

施工経験記述問題が出来ていなければ、仮に他の問題が満点だったとしても、必ず落とされます。

施工経験記述の配点ウェートは非常に大きく、実地試験全体の半分近くを占めていると考えて良いでしょう。
実地試験には時間制限があり、工事概要や経験記述を、試験当日に考えて書ける方は皆無に近いでしょう。

合格されている方のほとんどが、予め過去に出題された課題で、ご自身の経験に基づいて数パターンの記述文を作成し、事前準備をして試験に臨んでいます。

また、作成した記述文は、合格した先輩や、記述添削指導を行っている専門機関で添削してもらい、試験までに完成文を記述しながら暗記しています。

実地コース受講者限定 経験記述添削(オプション)

施工管理合格ネットでは、実地コースの受講者を対象に経験記述添削オプションをご希望の方に実施しています。

1 あなたの記述文を講師が直接添削指導

あなたが作成した記述文は、この講座で指導している講師が添削します。
試験を知り尽くしている講師ならではの、「合格文か減点文」なのか、「どこをどのように書きなおせば合格文になるのか」を添削指導します。

2 あなたの記述文の総合評価を行います。

講師は、あなたが作成した記述文の添削が終了したら、添削内容に添えて「総合評価」を作成します。
「総合評価」は、合格圏内~準合格圏内~努力圏内を明確に記載し、今後の改善点をわかりやすくまとめてくれます。

3 記述添削申込と添削指導から返却までの流れ。

記述添削オプションは、「受講用のログインページ」の中から申込みを行います。
講師が選んだ施工経験問題を、直接印刷又は郵送で受け取り、記述文を作成します。
事務局に送付して頂いて、講師の添削完了後、添削文を郵送でご返却いたします。
※オプション価格は添削文1件@3,000円(税込)です。
(添削料・文書通信費等に必要な実費を頂いています)

  1. ①ログイン後、実地コースの画面から申込みを行う
  2. ②画面から経験記述問題と解答用紙を印刷できるよう になっています。ご自身で印刷して頂くか、印刷できない場合は事務局から郵送致します。
  3. ③あなたの記述文を作成し事務局へ送付
  4. ④講師が記述文添削、総合評価の作成
  5. ⑤添削記述文、総合評価のご返却

記述文が完成しても、安心は禁物です! 苦労して作った経験記述文が完成しても、試験で書けないと意味がありません、ここからがスタートです、記述しながらの暗記が必要です。

TOPへ戻る