過去問題対策

過去問題対策 通勤や休憩時間を利⽤してスキマ時間でOK

過去問題学習は、問題を解答する技術や実力を養い、試験の形式や解答方法を覚える試験力をつけることができます。出題範囲はかなり広く求められていますが、過去に出題されているものを整理すれば、毎年、必ず出題される問題、1年おきに出題される問題があります。

この講座では、年度別に5年以上の過去問題を解答解説を付けてアーカイブとして受講者の動画ページに設置しました。
解答と解説もついていますので、1日10分程度、確認する習慣をつければ、試験力は格段にアップします。


スキマ時間を有効に


休憩時間や待ち時間に

建築・土木・管工事の1級・2級(学科・実地)の各コースでご覧になれます。
通勤や休憩時間などにスマホやタブレット、パソコンから直接ページをご覧になれます。
もちろん、ダウンロードも印刷して問題集にすることもできます。

過去問題リンクの内容例(建築1級学科コース)

過去問題取り組みのポイント H24 過去問題 H25 過去問題 H26 過去問題 H27 過去問題 H28 過去問題

解答方法で間違えないように慣れておく


解答と簡潔で分かりやすい解説

科目の理論が理解できていても、試験の解答方法で間違える受験者が数多くいます。問題によって「正しいものを1つ選べ」「間違っているものを2つ選べ」といった誤認させる問題があります。普段から過去問題に取り組み、解答に慣れておけば、こういったイージーミスや早とちりも無くなり、得点力が確実にアップします。
試験対策に必要不可欠な学習ですのでぜひご利用下さい。

TOPへ戻る