2級管工事施工管理技士 学科試験の概要

国家資格試験本番で、確実に得点をするための、効果的な学習法をお伝えします。

学科試験の出題形式は

2級管工事施工管理技術検定の学科試験はすべて四肢択一形式の出題で、正解または間違いを選択して解答します。(答は選択肢の中にあるのです)
試験項目により必須解答問題(全問解答)と選択解答問題(選択解答)とがあります。
選択問題では、指定された解答数以上の解答は減点となるので注意が必要です。

総出題数は52問。その内の40問を選択して解答します。(表ー1)

合格基準は

選択した40問のうち60%(国家試験合格基準)の正解率で合格となります。
従って午前の部で

40問 × 60% = 24問以上の正解で合格します。

試験時間は

試験時間は2時間10分
学科試験は午前中に行われます

学科試験の出題分野 (表ー1)

午前の部 分野 科目 出題数 必要解答数 学習順位
原論 環境工学 2 4問全て解答
必須問題
4
流体工学 1
熱工学 1
電気・建築 電気工学 1 2問全て解答
必須問題
5
建築学 1
空 調 空気調和 4 17問中、9問を
選択して解答
選択問題
2
冷暖房 2
換気・排煙 4
衛 生 上下水道 2
給水・給湯 2
排水・通気 2
消火設備 1
ガス設備 1
浄化槽 1
設備に関する知識 機材 2 4問全て解答
必須問題
4
配管・ダクト 2
設計図書 1 1問全て解答
必須問題
5
施工管理法 施工計画 1 14問中、12問を
選択して解答
必須問題
1
工程管理 2
品質管理 1
安全管理 1
工事施工 機器の据付け 2
配管・ダクト 4
その他 3
法 規 労働安全衛生法 1 10問中8問
選択して解答
選択問題
3
労働基準法 1
建築基準法 2
建設業法 2
消防法 1
その他 3
総合計 総出題数52問 総必要解答数 40問

学科対策のポイント

学習のスタートは、どこから始めるのか。
表―1の学習順位1~7の順で開始する。
問題内容:文中のうち、適当でないもの、正しいもの、適当なものを選択する。

学習順位1 選択問題

「施工管理法:5問」「工事施工:9問」
合計14問中選択して12問解答する。
(12問÷40問=0.3)
★★★必要解答数の30%がこの問題です

施工計画 施工計画 1 5問解答
必須問題
工程管理 2
品質管理 1
安全管理 1
工事施工 機器の据付け 2 9問解答
必須問題
配管・ダクト 4
その他 3

優先順位2 選択問題

「空調・衛生:17問」17問中選択して9問解答する。
(9問÷40問=0.225)
★★必要解答数の22.5%がこの問題です

空 調 空気調和 4 17問中、9問を
選択して解答
選択問題
冷暖房 2
換気・排煙 2
衛 生 上下水道 2
給水・給湯 2
排水・通気 2
消火設備 1
ガス設備 1
浄化槽 1

優先順位3 選択問題

「「法規:10問中8問解答」
(8問÷40問=0.2)
★必要解答数の20%がこの問題です

法 規 労働安全
衛生法
1 10問中、8問を
選択して解答
選択問題
労働基準法 1
建築基準法 2
建設業法 2
消防法 1
その他 3

優先順位4 必須問題

「原論:4問中4問解答」
(4問÷40問=0.1)
★必要解答数の10%がこの問題です

原論 環境工学 2 4問全て解答
必須問題
流体工学 1
熱工学 1

優先順位4 必須問題

「設備に関する知識:4問中4問解答」
(4問÷40問=0.1)
★必要解答数の10%がこの問題です

設備に関する知識 機材 2 4問全て解答
必須問題
配管・ダクト 2

優先順位5 必須問題

順位ー5
「電気工学:1問中1問解答」
(1問÷40問=0.025→2.5%
「建築学:1問中1問解答」
(1問÷40問=0.025→2.5%
「設計図書に関する知識:1問中1問解答」
(1問÷40問=0.025→2.5%

必要解答数の2.5%がこの5位の問題です

動画学習で内容を理解する

徹底して過去問題に取り組む

過去問題、類似問題の出題比率が高いので過去問中心の学習を徹底すれば、効率よく得点が取れるようになります。

管工事学科試験は、科目ごとの出題に対する解答要求数の高いものほど重要となっています。
試験勉強は、1,2,3→の順に優先順位を付けて学習しましょう。

試験1ヶ月前からは、徹底して過去問題に取り組んでください。

TOPへ戻る