確実に得点する 2級建築施工管理技士 実地試験

国家資格試験本番で、確実に得点をするための、効果的な学習法をお伝えします。

実地対策のポイント

H30年より実地試験は共通問題と、新たに「建築」「躯体」「仕上げ」の受験種別ごとの専門知識に関する問題になりました。

●実地試験の申込時に、実務経験(受検資格)に応じて受検種別(建築、躯体、仕上げ)を選択し受験することになります。

【試験時間】2時間
【解答形式】全問記述形式
【出題数・解答数】全問必須問題 5問(1問に複数の解答が必要)
 試験問題は受験種別によって「建築」「躯体」「仕上げ」専用問題3種

出題区分 問題 これまでの出題内容 種別ごとの出題内容(予想)
施工経験記述 問題1 「施工計画」「品質管理」「工程計画」の内
1つのテーマが毎年出題されている
「施工計画」「品質管理」「工程計画」の内
1つのテーマが毎年出題されている
記述式問題 問題2 用語の説明と留意事項 受験種別ごとの用語の説明と留意事項
問題3 ネットワーク・バーチャート工程表 ネットワーク・バーチャート工程表
問題4 施工 受験種別ごとの工事に関する
文章の語句の訂正
問題5 関連法規 関連法規
出題総数 5問(全問解答)※H29年までの出題数

実地試験は試験機関が解答を公開していません。

学習順位1

問題1「施工経験記述:5問解答」
★★得点の30%がこの問題です(推定)★★

問題内容
  1. 工事概要の作成
  2. 問題提起された記述テーマに対し「留意点・行った事」「その理由」「その方法や工事名」など3つ記述する。(工事概要との整合性が必要)
  3. 2に記載した以外のテーマで意見や対応策を2つ記述する。
対策

記述テーマは「品質管理」「工程管理」「施工計画」の内1つが毎年出題されている。
工事概要と3つのテーマを事前に作成し、暗記して下さい。(必須作業です!)
記述文は有資格者や当社の添削サービスを活用して、指導を受けて下さい。

学習順位2

問題3「ネットワーク・バーチャート工程表:3問解答」
★★仕組みを覚えれば確実に得点できます★★

問題内容
  1. ネットワーク工程表を読み解いて3問解答する
    ※昨年から「バーチャート工程表」が出題されました。
対策

ネットワーク工程表のクリティカルパス計算・トータルフロート・遅延日数に応じたクリティカルパスの計算について、仕組みや計算方法を覚えれば、確実に得点できます。
同様にバーチャート工程表についても、工事順や仕組みを覚えれば確実に得点できるので、敬遠しないで確実に得点しましょう。(足算・引き算です)

学習順位3

問題2「用語の説明と留意事項:14問解答」★種別問題(予想)
★★過去問を解いて暗記しましょう★★

問題内容
  1. 建築工事に関する用語と留意点を14問記述する。
対策

ここは「建築」「躯体」「仕上げ」でそれぞれの工種の用語と留意点を記述解答します。(予想されます)
過去問題から多く出題されますので、過去問題に取り組んで下さい。
過去問題を解く際には、答を書いて覚えて下さい。(自然に暗記できるようになります)

★受講者は「実地動画のページ上方」に過去問題のリンクボタンがありますので、一度印刷して「問題集」として活用してください。

TOPへ戻る